So-net無料ブログ作成
検索選択

絵を描く、じしん [Beauty]

山本さと子です。


一週間で、なんとか、作品完成。
描いてる間は立ちっぱなしだったので、からだが痛いです。。

一週間絵を描き続けて、色んなことを考えました。
小さな頃から絵が好きだったこと、
漫画家になりたかった夢を、両親に反対され、
だいぶ長い間、絵を描くのがイヤになってしまっていたこと。


最初の漫画の投稿は、小学六年生でした。
一年かけて雑誌に投稿しましたが、両親は褒めてはくれなかった。小学生が32ページの漫画をせっかく描き切ったのに。

あとから聞きましたが、彼等はとても怖かったらしいです。
私立の一貫校で小学校から大学まで、せっかくレールを敷いたにも関わらず、
このままだと本当に漫画家になるんじゃないかと怖かったと言っていました。

わたしはいくつからか喋らない子供になりました。
一日誰とも話さなくても、絵を描いていれば幸せでした。
自分の作った物語の登場人物達と、毎日毎日、ワンシーンづつ描き殴っては会話してました。
ノートに、広告の裏に、レシートの白い部分に、誰もいない教室の黒板に、
少しでも余白を見つけると、片っ端から絵を描いていました。
傍から見ると気持ちの悪い子供だったかもしれません。
それが、18歳までずっと続いて、

漫画家を諦め、大学の進学を決め、
毎日絵を描くことを突然やめた途端に、
病院に運ばれました。


そこからだいぶ、だいぶだいぶ大人になってしまいましたが。

NYの街で出会った三人の新しい友人たちが、忘れていた思い出を思い出させてくれました。


わたしに足りなかったのは、絵を描く自信だったみたいです。
今からでも遅くないと思います。
じしん、取り戻せるよう、がんばります。



nice!(1) 

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。