So-net無料ブログ作成
検索選択

KEITH HERING JOURNALS [読書]

打ち合わせ待ちの合間に、この一冊。

KEITH HERING JOURNALS
大病を患った辺りからキースが記した、彼の日記。今だったら、blogなどになっていたのだと思います。
ところどころに哲学的な表現が多くて、文章そのものの理解が難しいことも。
でも、彼のメッセージが直に共通の言語で読めることが、まずわたしは嬉しくて。
読書はあくまで趣味なので、のんびり読むこととします。


nice!(1) 

Westminster Abby [読書]

Westminster Abby
by Micol Ostow

日本でいう、少女小説に近いシリーズでしょうか?
英語が軽くて、スラスラ読めました。
ニューヨーカーの女の子が、イギリス留学したら、たくさんの新しい出会いがあって、、、という内容でした。
どんな国の女の子も、新しい世界に飛び込んだ時に、こんな気持ちになるんじゃないかな。なんて思いながら、ティーンエイジャーの気持ちを思い出して読みました。

英語のペーパーブック、読む速度が、だいぶ早くなってきた?
何事も慣れですね。次は何を読もうかな。


nice!(0) 

Blue Moon Hiromi Kawakami [読書]

英文芸誌【GRANTA】の日本特集に、

川上弘美さんの短編が。
こんなところで、ページをめくってご対面するとは、、、。外国旅行に来てお散歩してたら、角を曲がって同級生とすれ違った気分。
作品は、彼女の遺言みたいな文章で始まり。
おもわず、電話をかけて大丈夫?と尋ねたくなるような、、、
英語訳されても、魅力は健在でした。

nice!(1) 

Prints of the 20th Century [読書]

日々悩んでいたわたしに必要だったのは、どうやら頭の運動だったみたい。



日本の古本屋さんで見つけた本。
もちろん専門用語がわかんないから、調べながらノロノロ読んでます。

一日中もくもくと読んでると、たいして人と喋らなくても心穏やか。




こういう機会があってよかったなあ。
自分が何に向いてるかなんて、
わかんないもんねー。
nice!(1) 

ガール [読書]

わたしは、とっても、世間が狭いから。
知らない世界は、本を読んで学ぼうと思いました。

【ガール】奥田英朗

ワーキングウーマンの、みんなみんな、
がんばれ。


nice!(1) 

ツーリング・ライフ [読書]

表紙の写真に惹かれて手に取ったら、冒頭からセザンヌのお話しが出てきて。

こういう偶然震えます。
風邪気味のため、読書の日。


東京のお空も、風邪っぽいね。


nice!(0) 

永遠の0ゼロ [読書]

友人に借りました。特攻隊のお話。シーズンですね。

20120827_001502.jpg


永遠の0ゼロ
百田尚樹



面白くてすいすい読めます。
80代の戦争経験者、20代の司法浪人生、

インタビューをしようとしたら、届いた手紙の文字も読めない世代の差。世代の交流というもの、時代というものを考えながら読んでいます。


相変わらず読書が好きなわたしでしたー。

サヴァイヴ [読書]

三部作、完読しました。


最後の一作が一番よかった、かなあ。
うーん、二作目もよかったけど。

サヴァイヴ
近藤史恵



自転車レース、好きです。
今日からブエルタ

夜遅いからなーーーー(>_<)


20120818_233910.jpg


コーヒーに憑かれた男たち [読書]

体調崩し、来る日も来る日も本を読んでおりました。
偶然的に古本屋で発掘したこの一冊。

コーヒーに憑かれた男たち」 嶋中労


読み更けております。
もしも続編が出ることがあれば、わたしも登場するのかしら。
名もない芸術家の、一人として。


なんてね、思いながら。んね。
そのときは、倍増しに美しくしといてね。嶋中さん。

深夜特急 [読書]

先月、大学時代に読みきれなかった「深夜特急」全六巻を読破しました。


数々の名言、名場面、
自分も旅をしているかのような思いと、

作者の気持ちにはいりこんでしまい、
不安、苦悶、焦燥感、

けして一人で旅をする勇気のないわたしにとっては、それを体験できる貴重な一冊となりました。


また、30を過ぎてから読んだので、20代とは違う視点で読めたのではないかしら。



本を読んでると、いろんな情景が頭に浮かびます。
そういうとこから、わたしの作品は生まれるのでしょうね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。